スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突に新婚旅行の日記を書いてみる①

突然ですが、新婚旅行でタヒチ・モーレア島に滞在してきましたので、日記形式で書いてみたいと思います。
(書く場所が他になかったので、ここを勝手に選ばせていただきました。笑)

<1日目(5/20)>
朝7:00起床。
まずは、N'EXを使って成田空港の第2ターミナルへ。

今回はハネムーン特典で、アメリカン航空のラウンジが使用できました。
20170520_130420.jpg
国際線の航空会社のラウンジを使用するのは初めてでしたが、非常に設備が充実しています。
アルコールはもちろん飲み放題。
食べ物もいろいろな種類があり、昼食を軽くするには、ちょうどいい場所でした。
20170520_131313.jpg 
調子に乗って、乗る前からアルコール摂取…

飲食のほか、パソコンスペースもあり、シャワーも浴びられるようでした。
チェックイン手続が混んでいたので、あまり長い時間過ごせなかったのが惜しいです。

さて、そうこうしているうちに、あっという間に搭乗時間に。
DSC_2501.jpg 
DSC_2500.jpg 
今回利用するのは、エア・タヒチ・ヌイ。
日本からタヒチの首都パペーテまで、唯一の直行便を運航する航空会社。
アジアからの直行便は、この成田からのTN77便のみです。

使用機材はA340-300。
日本の航空会社では使用されていない、4発ジェットです。
エア・タヒチ・ヌイではA340-300を5機保有していますが、2015年に3機がリニューアルされています。

今回もリニューアルされているといいなぁと思いつつ、乗ってみると…
DSC_2503.jpg 

未更新機でした。テンション下がる…
一番残念な点は、映画等がオンデマンドでは見られないこと。
昔はこれが普通でしたけどねぇ…
映画のオンデマンド再生や、Wifiまで使用できる機材もある今、ずいぶん不便に感じるものとなってしまいました。

でも、機内は空色一色で統一されており、飛行機乗った直後から別世界という感じです。

機内食はこんな感じです。
20170520_155015.jpg 
なかなかおいしいです。
タヒチの地ビール、ヒナノビールが飲めました。

DSC_2515.jpg DSC_2519.jpg
機内から見えた朝焼けがきれいでした。

11時間の飛行時間を経て、パペーテ・ファアア空港には現地時間の6:55到着。
日付変更線をまたぐので、出発日の同日朝到着です。
空港の消防団のストライキの影響で、今回は早朝到着に時刻変更となりました。
DSC_2525.jpg 
しかし、ここファアア空港は、成田と比較すると、かなり田舎の空港感満載です。笑
ご覧の通り、ボーディングブリッジがないので、タラップから降機。
こんな大型機からタラップで降りるのは、なかなかない機会ですね。

DSC_2529.jpg 
空港ではタヒチアンダンスと音楽で歓迎。
一気に南国気分!

空港からはツアーバスで、今回の旅の滞在地であるモーレア島行きのフェリー乗り場へ向かいます。
DSC_2544.jpg 
DSC_2549.jpg

タヒチ島のパペーテからモーレア島までは、アレミティとテレバウの2種類の会社がフェリーを運航しています。
所要時間は通常のフェリーだと45分、高速艇だと30分です。
行きは普通のフェリーでした。

フェリーの中は飛行機の疲れが出たのか、爆睡してしまいました。
まぁ天気悪くて外に出る気にもならなかったですからね…
DSC_2550.jpg 

モーレア島到着。
ホテルのチェックインまで時間あるので、ここで引き続きツアーバスでモーレア島観光。
まず最初に寄ったのは、トアテアの丘。景色がいいところだそうですが…
DSC_2560.jpg DSC_2561.jpg

天気が残念すぎる…
ガイドさんが「海の色が今日は残念ですねぇ…」と言っていましたが、着いた直後だったのであまりピンときませんでした。
2日目以降、いかに初日が残念な天気であったかを知ることになります( ノД`)

次の観光地はフルーツジュース工場。
DSC_2570.jpg 
いろんな種類のジュースが売っており、果実酒も試飲できました。
ここモーレア島は、パイナップルの栽培が盛んであり、パイナップルジュースがとてもおいしかったです。
今回は長い間島に滞在することになるので、飲み物調達のため、ここでパイナップルジュースとマンゴージュースを購入しました。

DSC_2572.jpg 
出入り口の看板。
日本語だけ直訳すぎる…

ちなみにMaururu(マルル~)は現地の言葉で、「ありがとう」の意味。
いろいろなところで、自分たちも使える便利な言葉でした。

最後の観光地、ベルべデール展望台。
DSC_2586.jpg 
やはり天気がいまいちですが、景色はとてもよかったです。
タヒチの島々は火山島であり、風化の影響でかなり険しい地形となっています。
その自然の雄大さがとても感じられる場所でした。

DSC_2593.jpg 
ツアーバスとともに。

展望台では、鶏がそこかしこでウロチョロしてました。
DSC_2589.jpg 
タヒチには、野生の鶏がたくさんいます。空港とか公共の場所にもたくさん。
現地の人曰く、日本の鳩のような存在だとか。
まぁ鳩も結構いるんですけど、鶏も負けず劣らずたくさんいました。
朝でもないのに、コケコッコー!!と威勢よく叫んでおりました。

さて、いよいよホテルに到着。
今回滞在するのは、ヒルトン・モーレア・ラグーン・リゾート&スパです。
DSC_2863.jpg 
DSC_2618.jpg 
ホテルの入口。
敷地はとても広く、中にはプールやテニスコート、トレーニングジムの他、ホテル専用のプライベートビーチもあります!すごい。
各部屋はバンガローに分かれており、水上バンガローがたくさんあります。

今回は水上バンガローに宿泊しました。
室内はこんな感じ。
DSC_2595.jpg DSC_2600.jpg
すごく開放的!
ガラステーブルの下はガラス張りになっており、海が直接見えるようになっています。
ラグーンは浅瀬にもたくさん魚がいるので、いろんな魚を部屋から直接見ることができました。

疲れを癒すため、ここで夕飯までひと眠り…zzz

起きてみると、もう夕焼けの時間。
夕方から天気は回復し、とても良い眺めになっていました!
DSC_2604.jpg 
ベランダからこの景色は贅沢すぎますね。

DSC_2614.jpgDSC_2627.jpg

19時になり、ホテルのレストランへ夕食へ繰り出します。
DSC_2637.jpg 
今夜のご飯はビュッフェ形式。
フレンチポリネシアだけあって欧米系の肉中心メニューかと思いきや、意外と野菜も多く、生の魚も置かれていました。
結構地元で獲れるようです。しかも、結構おいしい!

ディナーの途中では、タヒチアンダンスショー・ファイヤーダンスショーがありました。
ハワイアンのフラダンスとは異なり、結構激しいものでした。
DSC_2650.jpg DSC_2667.jpg

夜は、満天の星空のもとで熟睡…
DSC_2682.jpg 

明日の予定は何もなし!
贅沢な休日の始まり!
海でたくさん遊ぶかなー

=つづく=

深夜の渋谷駅構内留置

お久しぶりです。
多忙につき、またもや更新をサボっておりました・・・

HPにいたっては、いつの間にか2ヶ月もほったらかしておりました。汗
忙しいもんで・・・ホントすいません・・・


お詫びと言っちゃあなんですが、おそらくどこのサイトにも載っていないマニアックな情報を載せておきたいと思います!


最近1000系の1・2次車にもATCの設置工事が始まり、その予備として3000系が2本まだ元気で動いているわけなのですが、ここで問題になってくるのが富士見ヶ丘車庫のキャパ。

井の頭線は基本的に駅留置などはせず、全編成が深夜には車庫に戻ってくるダイヤとなっていますが、当然予備が2本も残っていると、車庫には入りきらないが編成が出てきます。

そこで現在とられている措置が、深夜の渋谷駅構内留置です。

留置される車両は、毎日異なるようですが、
深夜に富士見ヶ丘を発車→終電2本前くらいに渋谷着→翌朝富士見ヶ丘に帰る
というスジはちゃんと決まっているようです。



深夜の渋谷駅。

ryu1.jpg

もう残すは吉祥寺行き最終電車と、富士見ヶ丘行き最終電車のみ。
井の頭線の終電はわりと遅いので、いろいろな面で助かることが多いです。笑

ryu2.jpg

ホームは終電を逃すまいという飲み会帰りの客で溢れんばかり!
都心から住宅街へと伸びる井の頭線。そんな周辺環境のせいで、週末の終電なんかは、朝ラッシュなんて比べものにならないくらいの異常な混みようだったりします。

吉祥寺行き最終電車が、1番線に滑り込むと、続いて2番線の接近放送が鳴ります。

ryu3.jpg

1番線の電車にドドドドっと客が乗り込んだところで、今夜渋谷駅に留置される車両のお出ましです。
この日は1712Fでした。

ryu4.jpg

運行番号は99。識別灯もONになっています。

ryu5.jpg

到着するとすぐにすべての灯りを消し、パンタグラフも下げ、お休みモードに。
この編成は、このまま翌朝まで留置されます。



この渋谷駅構内留置、おそらく3000系が全廃になるまで続けられるものと思われます。

1701FにATC設置工事か

本日富士見ヶ丘車庫をのぞいてみたところ、1701Fに変化がありました。

1701Fa.jpg

現在一番神田川沿いのレーンに留置されている1701F。
先頭には何やら札がかけられています。

1701Fb.jpg

「検査」と書いてありますが、黒板部分にはかすかに「ATC工事(??)」にような文字が…!

1701Fc.jpg

よく見ると運転台パネルなどがバラされています。これはATC工事の可能性が高いですね。

新車投入も一通り終わり、井の頭線の車両の変動もようやく落ち着きましたので、これから一気にATC化に向けて、機器等が整備されていきそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。