深夜の渋谷駅構内留置

お久しぶりです。
多忙につき、またもや更新をサボっておりました・・・

HPにいたっては、いつの間にか2ヶ月もほったらかしておりました。汗
忙しいもんで・・・ホントすいません・・・


お詫びと言っちゃあなんですが、おそらくどこのサイトにも載っていないマニアックな情報を載せておきたいと思います!


最近1000系の1・2次車にもATCの設置工事が始まり、その予備として3000系が2本まだ元気で動いているわけなのですが、ここで問題になってくるのが富士見ヶ丘車庫のキャパ。

井の頭線は基本的に駅留置などはせず、全編成が深夜には車庫に戻ってくるダイヤとなっていますが、当然予備が2本も残っていると、車庫には入りきらないが編成が出てきます。

そこで現在とられている措置が、深夜の渋谷駅構内留置です。

留置される車両は、毎日異なるようですが、
深夜に富士見ヶ丘を発車→終電2本前くらいに渋谷着→翌朝富士見ヶ丘に帰る
というスジはちゃんと決まっているようです。



深夜の渋谷駅。

ryu1.jpg

もう残すは吉祥寺行き最終電車と、富士見ヶ丘行き最終電車のみ。
井の頭線の終電はわりと遅いので、いろいろな面で助かることが多いです。笑

ryu2.jpg

ホームは終電を逃すまいという飲み会帰りの客で溢れんばかり!
都心から住宅街へと伸びる井の頭線。そんな周辺環境のせいで、週末の終電なんかは、朝ラッシュなんて比べものにならないくらいの異常な混みようだったりします。

吉祥寺行き最終電車が、1番線に滑り込むと、続いて2番線の接近放送が鳴ります。

ryu3.jpg

1番線の電車にドドドドっと客が乗り込んだところで、今夜渋谷駅に留置される車両のお出ましです。
この日は1712Fでした。

ryu4.jpg

運行番号は99。識別灯もONになっています。

ryu5.jpg

到着するとすぐにすべての灯りを消し、パンタグラフも下げ、お休みモードに。
この編成は、このまま翌朝まで留置されます。



この渋谷駅構内留置、おそらく3000系が全廃になるまで続けられるものと思われます。
スポンサーサイト