スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京王卓上カレンダー

今日、吉祥寺で来年の卓上カレンダーを買ってきました。

実は私、2001年からこの卓上カレンダーを毎年買いそろえています。

calender2.jpg

今回で祝10冊目!!


・・・なのですが、ちょっと2003年が見つからず、写真では9冊となってます。

まぁ探せばあるとは思うのですが。


こうやって集めているのは、別に京王のカレンダーが好きって言うわけではなく、

京王沿線住民の私にとっては、単純に手に入れやすいからですw






さて、今日買った2010年カレンダーはというと、

いつもと変わらずという感じの写真ばかり。
なんかもうちょっと写真のセンスが欲しいです・・・

毎年出すのなら、アングルとかもっとこだわればいいのになぁ


でも12月にこんな写真がありました。

calender6.jpg

1000系5次車、7色並び!

関係者向けの撮影会か何かで撮ったのでしょう。
井の頭線の特徴を一つの写真にまとめるとしたら、やはりこういう7色並びに限りますね。




そうそう。

京王という一つの会社の卓上カレンダーを買いそろえているのには、もう一つ理由があります。

それは、その会社における車両事情の変化が、すぐに見て取れるということ。




例えば2001年の写真にはこんなのがあります。

calender4.jpg
↑桜の前を走る3720Fとあじさいの前を走る1701F。
3720Fは1000系5次車の登場で、一番最初に廃車になってしまいましたね。あと、行き先表示にまだ各停表示もローマ字表示もありません。かなり貴重です。

calender5.jpg
↑京王線の車両も当然旧塗装。


続いて2005年。

calender7.jpg
↑3000系だってまだ現役バリバリ。今は亡き未更新車、3715Fです。


他にもいろいろ貴重な写真がたくさん。

こうやってみると、車両事情の変化も結構スピードが速いものです。



これからもこれを買いそろえて、将来は京王車両歴史図鑑でも作ろうかと思いますw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。