FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1730F搬入開始

昨日より1730Fの搬入が始まりました。

sh1730F.jpg

塗装は法則通りアイボリーホワイトです。

しかし、「第30編成」というのは井の頭線にとって新領域ですね。
渋谷方の先頭車の「1780」と言う車番に、何となく違和感を覚えます。

まあ実際には欠番もあるので、1000系が30編成揃っているわけではないのですが、3000系はきれいに欠番無しで29編成だったので、10の位に8が付くことは、未だかつてありませんでした。





そしてこの編成の登場により、


また3000系が一色消滅することになります・・・
スポンサーサイト

1703F営業運転復帰

富士見ヶ丘車庫で検査を受けていた1703Fが出場し、営業運転に復帰しました。

z1703F.jpg

ドア周りのコントラスト強化は行われているようですが、床には黄色いマットはひかれていませんでした。



↓おまけ
a1706F.jpg

ヘッドマーク付き1706F。

こいつが将来的に塗装変更されるという噂は、本当なのでしょうか・・・?

帰ってまいりました!

みなさん、お久しぶりです!

19日夜、オーストラリアのシドニーから10時間近くのフライトを経て、戻ってまいりました。

DSC_0874.jpg


この3週間の留学は、自分にとってとてもいい経験になりました!
これからもいろいろと新しいことに挑戦していきたいです。


さてさて、私が居ない間に井の頭線にもいろいろと動きがあったようですが・・・

それについては、まだ取材ができていないので、ちょっと後回し。


代わりに、シドニーでも鉄道乗り回してきましたので、せっかくだからその報告をしておきますね!

シドニーの鉄道は、トラムやモノレールを除いて、基本的にCity Railという会社が運営しています。

路線も結構たくさんあり、路線図も結構複雑です。

DSC_0992.jpg


でも走ってる電車は、全路線共通運用。だからちょっと分かりにくいです。

あと、都市近郊の電車は基本的に全車2階建て。
JRの215系みたいな感じです。

結構種類もあるので、その一部をご紹介します。

シドニーの鉄道をまとめたサイトなんて、そうそうないですよ!!w

★"S" set
DSC_2182.jpg
近郊を走る電車の中では、比較的古い車両。貫通幌が無く、車両間の行き来をするにはかなり勇気がいる。制御方式は、おそらく抵抗制御。

★"T" set
DSC_2108.jpg
"TANGARA"の愛称のついたこの車両は、電機子チョッパ制御方式。走行音は、東京メトロ01系や02系などのチョッパ制御車に似ている。

★"M" set
DSC_2119.jpg
City Railの中ではかなり新しい車両であり、走行音を聞く限りVVVF制御ではあるが、制作会社は不明・・・。非同期モードの音は、京王9000系とほぼ同じ音なのだが。。Airport&East Hills Line、Bankstown Line、Inner West Lineで主に使用されている車両である。

★"H" set
DSC_2173.jpg
City Railの最新型車両で、愛称は"OScar"。まだ編成数はそんなにないので、来たらラッキー。Illawarra LineとNorth Shore&Western Lineでたまに見かけた気がする。そして驚く事なかれ!制御方式はVVVFで三菱製のIGBTを使用している。日本の技術が、オーストラリアにまで輸出されていた・・・

★"V" set
DSC_2132.jpg
都市近郊を抜け、郊外までわりと長距離を走る列車に使用される。Intercityの文字とブルーフェイスが目印。制御方式は電機子チョッパ制御。一部つりかけ駆動方式の車両もあるようだが、見かけなかった。


車両紹介は、こんな感じです。

あと、一番驚いたのが、かなり時刻表通りに電車がちゃんと動いていたところです。

日本ほど正確に電車が来る国は無いと言われているくらいで、海外の電車は基本的に1時間近い早発延発なんて、当たり前なのですが、City Railはわりとその辺はしっかりしていました。

さらに驚いたことに、案内がかなり詳細だということ。
シドニーオリンピックを機に、かなり進歩したようですが、ほとんどの駅には下のような案内表示板もあり、停車駅や経由なども正確に記されていました。

DSC_2102.jpg

ラッシュ時間帯にはこんな表示もありました。

DSC_2103.jpg

「あと5秒でドアが閉まります」

通勤に電車を使っている人間も多く、ラッシュ時は結構混み合うので、こういう乗降促進も必要なのでしょう。

案内放送もかなり詳細です!

下の動画(Youtubeで海外の方があげてくれているものですが・・・)の、42秒後くらいに流れる放送を聞いていただければ、分かると思います。


訳すとこんな感じです。

「2番線の電車は、Penrith行きです。

次の停車駅はCentral、そのあとRedfen、Strathfield、Lidcom、Auburn、Clyde、Graville、Parramatta、Westmead、Seven Hills、Blacktownの順に停車し、その先はPenrithまで、各駅に停まります。

この電車はまもなく発車致します。お下がりください。」

案内放送で停車駅まで言うのは、日本でもなかなかないですよね・・・



とりあえず、報告はこんな感じです。

シドニーの鉄道は、なかなか世界の中では、ちゃんとしている方なのかなぁって感じました。


そしてたまにはコメント受け付けようと思います!
何でも自由に、記事を見て思ったことなどを書いてもらえると嬉しいです。笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。