FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり日立・・・

今朝、1721Fが富士見ヶ丘車庫の本線にかなり近い側に止められていました。

sf1721F1.jpg

さりげなく、行き先表示は「各停 富士見ヶ丘」になってます。
車庫の作業員も、なかなか物好きですw


これまで1721Fを神田川の方からしか見たことがなかったので、今回はその反対側に取り付けられているVVVF装置を見てみることにしました。

デジカメ片手に電車に乗って、なんとか流し撮りを実行!

で、撮れた写真が↓
sf1721F2.jpg

デハ1121のVVVF装置です。

まぁ・・・装置の形状からして、日立製にまず間違いないでしょう。
冷却装置部は、京王9000系のそれによく似てます。


しかし、これで1000系のVVVFは、東洋GTO、日立IGBT(初期ver.)、東洋IGBTに続き、4種類目となります。
こんな短路線の車両なのに、同じ形式の中で、VVVFがすでに4種類もあるというのは、なかなか興味深い事実です・・・
スポンサーサイト

1721Fの車庫内試運転を激写!

sh1721F1.jpg

本日1721Fの車庫内試運転を目撃しました!

ここ2、3日は都合により、富士見ヶ丘車庫を見に行くことができなかったので、これが初めての試運転なのかはわかりません・・・

すっかり日も暮れていたので、相変わらず見づらい画像が多いです。
すいません。

でも、もしかしたら、この夕方ラッシュ時間帯は、電車が結構出払っているので、その隙をみて、車庫内試運転を行っているのかも知れませんね。


ま、なにはともあれ、撮れた写真を載せてみます。

sh1721F3.jpg

ヤード内の定位置から、ゆっくり姿を現す1721F。行き先表示は「急行 渋谷」のようです。

sh1721F2.jpg

車庫の西端へ向かって進みます。

西端で折り返し作業をしている間に、いろいろ撮ってみました。

sh1721F4.jpg

車内のLCD画面。

Next Kugayama

表示の仕方は、京王9000系と同じで、中国語やハングル表示も確認できました。

sh1721F5.jpg

側面のフルカラーLED。こちらも最近増備されている9000系と同じもののようです。

折り返したあとは、元来た道を戻り、ヤード内へと入っていきました。


しかし、一番驚いたのは、走行音!

VVVFは、4次車の東洋電機製から変更され、今までの京王にはない、全く新しいタイプが採用されました。

動画が撮れましたので、ご覧ください。

1721F車庫内試運転 動画(約3.8MB、wmv形式)

減速・加速音を聞く感じだと、おそらくVVVFは、日立製2レベルIGBTの最新バージョンと思われます。
最近出た、スマイルトレインこと西武30000系などにも、似た感じがします。

止まる直前に「ブーン」という音も聞こえますので、全電気ブレーキも採用されたようです。



何もかも、全く新しいスタイルで登場した、1721F。

営業開始が、楽しみです!

1721Fはというと・・・

搬入を終えてから、ずっと富士見ヶ丘車庫のヤード内に隠されていますw

おかげで、その姿は、かすかにヤードに付いた窓から見える程度。

もうちょっと見やすい位置に置いてくれないかなぁ~



今日もヤード内に居座ったままだったのですが・・・

なんとかフルカラーLEDが稼働している場面をキャッチしました!

fujimi.jpg

・・・

さて、どれでしょう(笑



分からないという方は、こちらの拡大写真を。

fujimi2.jpg

正面のLEDには、運行番号と「試運転」が表示されているものと思われます。


ま、ぶれててフツーに分かりにくすぎですね。すいません(汗

雨も降っている中、頑張って撮影したので許してください。



この時には、ドア開閉の試験もやっているようでした。

本線上で試運転が行われる日も、そう遠くはないでしょう。

謎の車番

1721F.jpg

ついに登場しました。新1000系!

てっきり「1716Fが次は来る」と勘違いしていた管理者は、ライトブルーの前面を見て、最初は何かの見間違えかと思ってしまいましたw

おそらく仕様が大きく変わったため、新しく20番台に区分けしたのでしょうけど。

しかし、これ。
個人的には、なんとも奇妙に感じてならないんです・・・


これまで製造されてきた中でも、仕様変更があったにもかかわらず、なぜ今回から改めて20番台に区分けしたのか?

考えてみると1711Fからも、今回ほど大きいものではないですが、やはり仕様が変わり、ドアの形状や運転台、車内の様子も一新したにも関わらず、新しい区分けはされなかった。
仕様変更の度合いが関係しているのでしょうか?
でも、だとしたら、それに明確な基準はあるのでしょうか??

1711Fだから10番台に区分けされていると考えられなくもないですが、京王のどの形式を見ても、改めて番号を振り直すときは、20以上の数を用いているので・・・どうなんでしょう。



まぁいずれにせよ個人的に思うことは・・・

レインボーカラーのサイクル、どうしてくれる!!

ってこと(笑

3000系は、あんなにキレイに29編成続いていたのに・・・

「番号的には続いている」ってのは単なる言い訳ですよw
だって、1716F~1720Fはいわば架空の編成として扱われ、見かけだけ、サイクルが続いているってことですよね。
これ、すごく不自然じゃないですか!?




ま、こんなこといくら言ってもね、、
あくまで個人的な意見なので・・・
あんまり、気にしないでください(^^;)



とりあえず、この編成が運用開始されるのを、楽しみに待ちたいと思います。

富士見ヶ丘車庫が敷地拡大

ちょっと前のことです。



8月に富士見ヶ丘車庫の端っこで、なにやら工事をしていました。

9月に入ってから、その現場にちょっと足を運んでみましたところ、

shako.jpg

なんと車庫の敷地が拡大していました。汗

ここは以前空き地であり、久我山~富士見ヶ丘間では唯一神田川沿いから井の頭線の本線がよく見える場所でした。

現在のホームページのトップ画像もここで流し撮りしたのですが・・・
あの写真は、もう二度と撮れないものとなってしまいました。



敷地を拡大した意図は、詳しくは分かりませんが・・・

おそらく、これから先の井の頭線の車両の変化を見越して、行われた工事と思われます。

まぁ、これはあくまでも私の勝手な想像ですけどね。

でも2年後には、3000系がなくなり、それより大型の1000系で統一されるとなると、当然車庫の使用面積は大きくなりますから、納得いく気がします。



1716Fが永福町に姿を見せるのも、もうまもなくでしょうかね~??

3000系の全廃が、足音をたてて近づいてきている気がします・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。